スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ボッシュGSX 復活!

 臼の仕上げは かんなではなくサンディングして磨きます

サンドペーパーの40番から順に240番までしてから塗装に入るわけですが

120番あたりから異音がして もう寿命か〜と思いつつしていましたが・・・

ガタガタガタ とうことで一時仕事を中断 ばらしてみることに・・・

CA3F0013.jpg

軸がぶれていました。

ということで 部品どりGSXから部品どりー 嫌 合体です。

CA3F0015.jpg

ということで BOSCH GSX120 復活!!!

めでたく 今シーズン最後の臼の仕上げ 終了!!

ハスク346XP 復活!!


昨年末に逝ってしまった 愛機ハスクバーナ346XP

部品代が5万5千円と+工賃 とてもじゃないが治すのは馬鹿げてる

ということで 個人輸入しました。USAより シリンダー&ピストンのセット
こんなに長くかかったは 46cc用のシリンダーがみつからなかったから。、で
50cc用のものを購入。。メーカーに聞くとキャブの仕様が違うらしい
ちょっと躊躇したのだが、本日手元にやってきました。

CA3F0025.jpg


ピストンはシリンダーの中に入っています、

CA3F0024.jpg

これが交換前 末長くお付き合いをお願いしたいと思っていたので

挑戦 挑戦 挑戦 ウキウキ ドキドキ 恐ろる恐ろる・・・

CA3F0026.jpg

どうにか マウントできました。

このセットはハスク純正ではありません、コピーモノです

とりあえず組み立てて エンジンスタート ブルルンーーーーーー  プッスッ
かかりましたが アイドリングができない???

少し不安がよこぎりましたが、かかったことには満足して エンジンの回転を調整・・・
低速を絞ると かかりましたがなー バァルロルオンンンーーー

シリンダーピストンが新品なんで 慣らし運転をしまーす。

復活!! 346xp New Edition modoki  完成

鳶 どっとこ

木を扱うときに必要なもの それが鳶です
CA3F0005.jpg

向こうにある原木を引くとき 原木を回すとき クレーンで吊った木をコントロールするとき など

柄が樫でできているため そうは折れない

今回柄を仕込みました。CA3F0004.jpg




他にもこんな鳶類があります。




 きりん鳶というらしい この辺ではどっとこと呼ぶ

竹鳶

これが通称 とび である

消防鳶

和斧(ヨキ) 土佐物

 斧(オノ)これを通称ヨキと呼んでいる 重さバランス 切れ味 食い込み感 感触 斧はフィットするものがよい。

CA3F0054.jpg

ヘッドだけ購入して 柄は仕込みました。
下が切り斧で 上が枝打ち斧 二本とも荒掘りのときに使用します。
はじめは刃がついていないので 刃をとぎます。

土佐モンと呼びます。切れもの 山林道具は土佐もんですね、
そう竜馬の高知は土佐ですよ。

地元にも鍛冶屋があったとき作った斧がありますが、刃こぼれがありました。
使うほどになじんでくるのが たまりませんねー

346XPが焼きついた!

 愛機 ハスクバーナ346XPが逝きました、いわゆる焼きつき。。

逝きましたが、もちろん直りますBUT7万円はかかりそう・・・

平行モノの346が買えてしまう・・・

ということで 購入先の○○興業さんから持ち帰りました。

たしか研磨して復活できるかも・・・

ということでエンジンをバラス



CA3F0005.jpg

CA3F0006.jpg

ピストンは逝っていました。これで復活は無理・・・

シリンダーもかけらが当たっていて多分交換でしょうねー

最後の頼みと思い お世話になっている輸入代行コバヤシ企画さんへ聞いたら
4万ほどかかると・・・国内ものの部品代とあまりかわらないなー
(4万やったら新車だよなーと思いつつ・・・)
ありました。e-bay
こちらで160ドルほどかな その他運賃などいれても2万円でいけそう
これなら直せる!    実はこの愛機6年前に そうまだ私たちが新婚ホヤホヤの夢みてるころに
愛妻からかっていただいたシロモノなんです。(そーむやみには捨てられない!)
もしかしたら愛機346xpを直せば 愛妻との冷えた関係も修復できたりして・・・・?

スキップチェーン

 ハスクの395のソーチェンの変えどき・・・

スキップチェーンまとめて安くしますので・・・

じゃぁ それで ということで 初めてのスキップチェーンだ

002 (11).JPG

上がスキップ 下は通常のモノ 刃のピッチがひろい

003 (10).JPG

切れ味は・・切りくずがつまりにくそうです 70センチのバーだと木屑がつまることもあるが これだと
ほとんどないかも
詰まってない分エンジンに負荷がかからない感じ

BUT 薄切りは苦手である

チェンの幅でカットすることがあるのだが 外に逃げる 多分 刃が少ない分木に引っ掛かってないのだろう

玉切りはきもちいいし 研ぐのも刃が少ないので楽なのだが

アラスカンMK靴鮖箸辰討澆

 アラスカンMK靴箸魯船Д鵐宗爾粘歛世ら板を製材することができるチェンソーアタッチメントだ。

それでは実際に使ってみる

005.jpg

装着状態 バーにネジ二本で締め付ける

チェンソーを横にし使う 

006.jpg

アラスカンのハンドルとチェンソーのアクセルを握っての作業

製材する木の上面をガイドとし それにぶら下がることで上面と並行にカットができる

007 (4).jpg

今日は最薄でカット。13ミリ

はじめの侵入と最後のところは経験が必要な 微妙な侵入角度がある

アラスカンで丸太を角材にして家を建てる勇気はないが、あると便利な道具です

この木は欅 欅をたて挽きしたわけだが、丸ノコでしたら煙がでてどうしようもないとこです。


ハスク345 25AP化

 臼屋ではハスク346XPをメインに臼の持ち穴を掘っています
サブ機はこのハスク345001 (10).jpg

機械って一度パワーのある奴使うとなかなかサイズダウンはできません・・ね。
で穴にバーを差し込んで彫るわけですがキックバックにかなり気をつかいます。そこでこの345を25AP化してカービンぐバーをつけることにしました。002 (8).jpg

まずはスプロケットを外すのですがプラグを抜いてシリンダーにモノを突っ込むのはやりかけたけど
こわいなー  ということで写真のようにスプロケと連動しているスターターのフィンに棒を突っ込んで
外しました。
004 (5).jpg

346XPと345はこの星形のメスの黒い部品の型が違います
003 (8).jpg

左が純正の星形スプロケ 右が345用リム式スプロケ オレゴン製になってました。
このスプロケは流庵 さんで購入しました。

005 (5).jpg

完成

こんなのもってしますとカービングしたくなってきますねー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チェンソーボディの補修

002 (2).jpg
ェンソーです 山で木の枝を投げたら 右の茶色のオイルタンクの命中
穴があいてしまいました。 
なじみの機械屋はおしまいですと告げた・・・
若い子がマフラー補修剤パテで埋めれますとのことでしましたが 後日漏れが・・・
で、知り合いの車やでパテしてもらいました。

今回は左の部分何故か穴があきました。
手元にFRPの材料があったのでこれでやりました。

014.jpg

青いのは紫外線保護のためにぬりました。

漏れもありませんでした。

傷だらけのチェンソー 完成

395XP

346XPは正規品を地元の山林機械屋で購入しましたが、395XPは輸入モノです、ほかにハスク345Eもありますが 二台とも元気でトラブルもないです。チェンソーはメンテが命だと思いますね、それができれば輸入モノでいいと私は思います。(USAの正規品ですし) ハスクで部品劣化がはやいのは燃料ホース オイルポンプはどのメーカーもイカレますから・・ 次は3120XPと346ニューエディションか357XPをもちろん輸入もので狙ってまーす



PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ村ランキング参加中!

twitter

kinnousuをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM