スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

和斧 アメリカン 焚き火屋さん

きょうは珍客(失礼)がありました。埼玉の焚き火屋さん店主菰田さんがはるばるやってこられました。 助手席には彼氏の甲斐くんとともに・・・842.JPG

焚き火屋さんは薪のプロです。 斧も独自に探究されておりこだわりの愛薪屋の方ですよ。

持参されたチョッパーワンを試しにつかわせてもらいました。

838.JPG

変な斧でしょ、真中が丸太に当たるとパカリと両サイドに開く構造になってます

モノは知っていました。 まっ印象は アメリカンだし試すに値せずぐらいでしたが・・・

いやー使うと違うもんですね これはね、ヴィポキルベスとも重い斧とも違います
何が違うか?・・・
ヒットした時に手に振動やしびれが伝わって来ないそれでいて 破壊力は2.5キロ以上の感があります
ヴィポキルベスは薪割りのフィーリングとしては??ですが、チョッパーワンはアイテムのひとつになりそうなそんな斧です

システムにスプリングなどが使われていますが 耐久性はそれなりにあるとのことでした。

839.JPG

836.JPG

菰田さんが惚れている斧のもうひとつがこれ和斧です。

僕も和斧はいいと思います、切れる 刃物の基本だと思うのですが スェーデン鋼がいいといわれてますが固けりゃいいってもんでもなく 日本の山で育った斧は日本人にはあってると思います。

確かに形状が単純な型をしていますが そのシンプルさが日本の美です と思いませんか?

焚き火屋印の和斧は2.2キロ もっても重くなく 振りおろしても疲れない重さです

和斧のいいのは柄の長さ だいたい90センチですね、(マイ斧は98せんち)
遠心力を利用するのが賢い日本人です

スポンサーサイト

  • 2012.12.13 Thursday
  • -
  • 20:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ブログ村ランキング参加中!

twitter

kinnousuをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM