スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

宮島臼屋の杵


杵の樹種は他にもあります。近年よく使用するのが 赤水木 なんじゃもんじゃ 楓 の木です。なんじゃもんじゃはスキーの板に使われます。水木と楓は 年数がたっても 軽くならないので 杵にはむいています。桐の杵はドでかいですが とても軽いです。なんでも 栃の触感を残すためには コレ じゃないとだめだそうです。それと石臼もつぶれすぎて 木臼じゃないとだめだそうです。

杵 


杵のサイズ別にならべました。左より 栃餅用杵(桐)杵大(欅) 杵中(黒柿)杵小(水木)杵特小(水木)ーカッコ内は樹種になります。

臼の型


この臼は3升用です。安定してみえませんか?高さと横幅が1対1に近いからです。
昔の臼はこの1対1を基本に作られていました。宮島臼屋では 平均身長の伸びを考慮して 高さを55センチから59センチくらいで納めでいましたが 昨年より各サイズそれぞれ3センチほど高くしています。

臼の修理 完成


臼の修理が終わりました割れのところへはエポキシ樹脂を流し込んであります。乾燥後 塗装を繰り返し元の臼の色あいになじませます。
通常宮島臼屋製の臼でしたら 何年たっていても無償で修理いたします。1埋木 2エポキシ処理 3波釘処理 その他の修理については実費をいただきます。

臼の修理


宮島臼屋では臼の修理もしています。割れのところへ 波釘を打ち込み その後蝶々(樫の木)で栓をほどこします。

欅の木目 臼のは?

欅の木目 臼も欅
 これは先日の机のアップになります。これ一枚ではわかりにくいので後日原型の写真をupしようと思いますが、この木自体はそんなにいい欅ではありません。いわゆる赤い木目をよしとしますが、これは黄色が入っています。それでも 2000番まで塗り重ねるとここまで欅の色は深みを増し濃いくなってきました。まだできたばかりですが 半年 一年たつとグンと深みがでてきます。この木は臼の端材になるので この木で臼もいくつかとりました。この木を使った頃は仕上げもカンナがけの上に2回ほど塗ったもので あくまでも塗装は われ止めとしての役割が大方でした。近年は 臼を飾る人も増えてきまひたので仕上げを丁寧にしてあります。それでも800番か1000番まで5層塗り重ねしてあります。塗料は現在カシュー漆クリアを使用しています。色々試してはいますが カシューに戻ってきた感じです。強いのと深みがでるのはカシューですね。あと 割れが入ったあと等の修繕もできます。これが漆だと手間がかかりすぎてねー。今シーズンは木目に色をいれてみようかと思っています、 臼で試作をしますので できたらまたみてくださいね。

欅の机 臼の端材


臼以外のモノ そのいち

宮島臼屋 三代目宮島久三です。9月に入り稲刈りも先日済みました。今年は稲がこけてしまい少しあわてて刈った様です。まっそれでも無農薬のお米がとれたんだから納得納得。これ欅の机です、臼が取れなくなった木の先の細い部分を板に6年前にひいときました。先日妻が パソコン机が広告に載っていたとのセリフ、じゃぁ椅子は椅子は買って、机は作ってみるはと返事をしてはや 2週間やっと完成しました。4000番までみがいてみました。カップの水も跡にならないよグッド

ある日


四国のカットビパパです。


PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村ランキング参加中!

twitter

kinnousuをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM